更年期障害は治療が解決!人生を楽しくエンジョイ

女の人

脳の血管の奇形

話を聞く女性

脳動静脈奇形はクモ膜下出血や脳内出血、てんかんなどの原因となることもある病気で、生まれつきの脳の血管の奇形という病気です。それゆえに原因については詳しいメカニズムなどは分かっていないのが現状で、年齢を重ねるにつれて大きくなっていきます。

詳細を確認する

新たながんの治療法です

困る

がんの治療方法の一つとして注目されているのがNK療法です。体内に元々あるNK細胞を活性化させることによりがん細胞を壊す免疫療法です。従来の治療法に比べて身体への負担が少なく、副作用の心配がない最善の治療法として期待されています。がん治療を行う方は選択肢の一つとして検討してみてください。

詳細を確認する

何科を受診するか迷ったら

先生

症状は人によっていろいろ

更年期障害は、多くの女性が閉経となる45歳から55歳くらいの間に、ほてりやのぼせ・不安・頭痛・イライラなどの症状が現れることをいいます。この更年期障害の症状にはほかにも動悸や腹痛・便秘・腰痛・肩こりその他があり、症状の出る場所も人によってまちまちで出方も個人差が大きいため、中には自分が更年期障害だと気づいていないような人もいます。また、反対に自分の症状が更年期障害だとばかり思っていたら全く別の病気だった、というケースもままあります。したがって、はじめに病院を訪れる場合、婦人科で治療を受ければよいのかそれとも内科や胃腸科、あるいは整形外科で治療を受けるべきなのかと迷う人も多いとみられます。症状が動悸や腹痛などの場合は、最初は内科を受診するのがおすすめです。内科的治療が功を奏する場合が実際に多いからです。

内科の症状は内科で診断

更年期障害の治療法としてよく知られているのは、婦人科で行われるホルモン療法です。更年期障害は女性ホルモンのバランスが変わることによって起こるので、女性ホルモンを補充することで症状を緩和するという治療法です。しかし症状がたとえば胃や腸の痛みである場合などは、女性ホルモンを投与する前にまず胃腸の治療を行った方が早道です。また、更年期障害ではほてりやのぼせが非常に多くみられますが、ほてったりのぼせたりするときには血圧が急上昇していることがあります。このようなときにもまずは内科で血圧に対する治療をしてもらうのがよいでしょう。内科に関係する症状を内科で治療してもらい、それでもほてりやのぼせ・不安などの症状が残る場合には、婦人科を紹介してもらうなどして婦人科系の治療を受けるというステップがベストだと考えられます。

病院選びの時には

笑顔

城東区は、たくさんの内科などの専門のクリニックがあるエシアです。 このような多くの病院の中から、優良な内科の病院を選ぶには、病院に対して自分が本当に必要だと思う優先事項をはっきりさせることが必須となります。

詳細を確認する